2010年03月26日

『理想の音』





先日のライブ音源を何度も何度も聴いています。

ダメダメでした。

バンドでの練習もそうですが、サウンドメイクに難あり。

だいたいはいつものスタジオでの音なんですが、しっくりきていない。

アウトブレイクの店長にも指摘された「少し歪ませすぎ」とりあえずそこはアンプのゲインを抑えて解決出来そうですが、自分で気付いた自作アナログマルチのオーバードライブの歪みの質!

そこで見直しです。

当初はヌけを最重要視して制作。

ヌけ過ぎによるギラつき感とハイのシャリシャリ感を取るべくオペアンプとFETとコンデンサーの見直しです。

とりあえずソケットで簡単に差し替えが出来るオペアンプとFETを吟味。

試すこと数十パターン。

とりあえず落ち着きましたが、コンデンサーと一緒に買い足して考えます。


posted by 竜矢 at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽的なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
検索
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。